社会人の転職前の気持ちと体験談

転職前の気持ちと体験談。次につながるソノサキの行動

転職リアル体験談【大阪府・女性・美容師】

tanaさん
大阪府・女性・美容師

 

転職リアル体験談 大阪府 女性

 

 

 

転職時の年齢は28歳でした!

 

私が転職したのには、理由があります。

 

それは、結婚して子供ができたことにより、今までの独身の時と同じ働き方はできないなと思ったからです。

 

以前の仕事は美容師をしていたため、営業後のレッスンが終わると23時になるのは当たり前でした。

 

結婚当初はその時間まで働いていましたが、その時間まで働いてさらに家の家事もして、としていると、無理が出てきました。

 

さらには子供ができ、子供行事の参加などを考えると、美容師を続けるのが厳しく、転職を考えるようになったのです。

 

 

 

結果的には、転職をしてすごくよかったということです!

 

美容師ではない、他業種に就職しましたが、一番は、求めていた家族との時間が得られ、心に余裕が持てました!

 

自分自身、転職する際に絶対譲れない条件をいくつか紙に書き留めました。

 

転職は、勇気のいることだし失敗はしたくないので、就職活動前にしっかりなぜ就職するのか、求めるものをまとめておいたので、それがよかったです!

 

その上で転職サイトにお世話になり、私が具体的なことを言ったので、それに合ったサポートをしてもらてよかったです!

 

具体的に示すのがすごくスムーズに天職に繋がると思います!

 

 

転職リアル体験談【東京都・男性・ファッション業界】

タクヤさん
東京都・男性・ファッション業界

 

転職リアル体験談 東京都 男性

 

 

 

30歳と言う年齢の節目に転職を成功させたタクヤと言います。

 

 

新卒として入社した会社で約8年働き、30歳と言う年齢の節目を気に異業種への転職を考えるようになりました。

 

しかし30歳と言うある程度経験がある年齢のため、異業種への転職が本当に可能かどうか不安に感じていました。

 

そこで転職専門の人材紹介会社を活用することにし、プロの判断も仰ぎつつ相談しながら転職活動を行いました。

 

 

人材紹介会社を活用することで、面接の練習から履歴書や職務経歴書の書き方までアドバイスをくれましたので、非常にスムーズに転職活動が行えました。

 

もともと製造業で働いていましたが、希望としていたファッション業界と言う異業種への転職を成功させることができ、年収も大きく下げることなく転職ができました。

 

人材紹介会社のアドバイスが大いに役立ち、自分では見つけることができなかった会社と出会うことができ、実際に今でもその会社で働いています。

 

1人で悩まず人材紹介会社へアドバイスを仰ぎながら転職活動をすることで、プロの目線からの企業を選択することができるでしょう。

 

そして今後もし仮にまた転職をすることになれば、

 

また同じ人材紹介会社へ相談をし、自分のキャリアに合った転職を支援してもらうと思います。

 

 

 

広告

14172

 

 

KUROJIRU公式サイト

 

KUROJIRUのダイエット効果とは?

 

ギャル好きで青汁王子!?メディアハーツ社長の三崎優太とは?

 

 

 

調剤薬局の薬剤師の為の転職サイト一覧

 

調剤薬局の薬剤師の為の転職サイト一覧

調剤薬局の薬剤師の為の転職サイト一覧です。44社掲載しています! 

 

 

調剤薬局の薬剤師の為の転職サイト一覧へ>>>


転職リアル体験談【東京都・男性・金融業】

 

りゅうたろうサン
東京都・男性・金融業

 

転職リアル体験談 東京都 男性

 

 

 

24歳の時に転職を経験しました。

 

新卒で金融系のいわゆる大企業に総合職として入社し、営業をしていました。

 

もともと人と話すのが好きでというわけではなく、なんとなく受けていた会社に受かったから入社しただけなので正直思い入れも大してなかったですし、私自身飽きっぽい性格ですので気持ち的には転職に傾きやすい環境であったと思います。

 

さて、そんな状況ではありましたがもちろん転職しようと思ったきっかけがあります。

 

それは、「自由」です。

 

営業の仕事の時にはたくさんの社長さんとお仕事をさせてもらいました。

 

彼らは、とってもフリーなんですよね。

 

彼らの仕事の結果は彼ら自身に降りかかってくるわけですから、嫌な仕事はそのリスクを理解したうえで「いやだ!」と普通に拒否してくるわけです。

 

よく飲みにも連れて行ってもらいましたが、翌日は昼にならないと電話に出てくれませんでした。

 

飲んだ翌日は午後からしか仕事しないと決めていたようです。

 

(もちろん全員がこうなわけではありませんが。)

 

こういった仕事の仕方や自分がどう生きるかということを、自分で責任をもって、自分自身で決めるというのに、強く惹かれました。

 

といっても自分で食っていける武器を私は持っていません。

 

それなら、武器は手に入れに行こうではないかと思ったのです。

 

そして、私が武器として選んだものが「IT」の技術でした。

 

そして、それを得るためには転職が必要だと思い、結局、当時急成長していた会社に転職しました。

 

私は社会人になって早い段階で転職しました。

 

「入社後3年はがんばれ」とよく聞きますが、私は何かやりたいことがあるならそんなものは気にする必要がないと思います。

 

 

もちろん転職の結果、給料が下がってしまった、思った会社と違ったなどリスクがあることも理解する必要があります。

 

前述した社長さんたちがしていたように。

 

最終的には自分がどうしたいかどうかだと思います。

 

ただ、一度会社に抱いた強烈なマイナスイメージや、他所への強い憧れなどはそのまま引きづる可能性が高いです。

 

現職への気持ちが0であればきっと転職しても後悔はないと思いますよ!

 

自分がどうしたいのか。

 

これがとても大切です。

 

 

 

転職リアル体験談【大阪府・女性・専門学校勤務】

まみサン
大阪府・女性・専門学校勤務

 

転職リアル体験談 大阪府 女性

 

 

 

大阪府に住むまみです。

 

25歳の時に、専門学校勤務から一般の会社に転職しました。

 

私が転職を考えたのは、入社してから2年目位でしょうか。

 

それまでは、何もできない自分との戦いで、毎日が必死でした。

 

ある程度、仕事ができるようになって、周りの人間関係が見え出した時に「このままで良いのだろうか」と、思うようになったのです。

 

私は、心が疲れていたので、職を辞してから、次の仕事を探しました。

 

 

 

できるならば、在職中に次の仕事を探すことをお勧めします

 

退職してしまうと、定期的にハローワークに通わなければなりませんし、失業保険もすぐには出ません。

 

年金や市民税なども、自分で払う事になります。

 

手間とお金が、かかるのです。

 

また、在職中であれば、仕事を探すためにハローワークの門をくぐる時でも憂鬱な気分にはなりにくいと思います。

 

仕事を探す媒体も、ハローワーク、新聞、インターネットなど色々とあります。

 

私は新聞の求人で次の仕事を決めましたが、私の友人は「ハローワークの求人内容は、実際との誤差が少なくて、堅い」と言っていました。

 

私は、転職は悪い事だとは思いません。

 

一つの仕事をやり遂げられる人は、凄いと思いますが、自分に合った仕事を探して、色々な経験をする事も良いと思います。

 

page top