面接時の質問の回答のポイント 面接日前の事前準備

面接での質問の回答のポイントと、面接日前の事前準備について

就職の面接での質問の回答のポイント

 

就職の面接での質問の回答のポイント

 

採用面接で問われる質問内容は、おおよそ決まっていますので、答え方を考えておくことができます。

 

聞かれた質問に、どんな方針で返答をするかが頭の中でまとまっていれば、話す時も必要以上に慌てることはありません。

 

場合によっては、突拍子もない質問や答える事が難しいような質問をする採用担当者もいます。

 

意図的に威圧的な面接をしてきたり、圧迫面接といわれるものをしてくる時にも、対策は必要です。

 

採用担当者は、全員が全員同じような答えをしてこないように、テンプレートにはない質問をしてくることがあります。

 

面接で常に同じ質問をしていると、答え方もワンパターンになってきますので、全員が同じ人間のように錯覚してしまいがちです。

 

想定していなかった質問をされた場合でも、無駄に自分をよく見せようとはしないで、そのまま話すといいでしょう。

 

中途半端に誤魔化しながら面接を答えていると、底の浅さが露呈して、お断りの答えをもらうばかりになってしまいます。答えられない質問の場合には、正直に分からない事を素直に述べる方が、反対に好感が増すでしょう。

 

相手の意図が強圧的な質問をすることなら、その場をどう対処するかが重要なポイントになってきます。

 

採用面接では、答え方に正解はありませんが、相手が納得する答えが返せるかはとても重要になります。

 

その質問をすることで相手はどういう答えを待っているのかを推測し、その場に合う答え方をすることが、面接の場では重要になっています。

 

 

 

体験談コラム:理想と現実は違うのでネットで調べれることは転職前に調べておく

 

理想と現実は違うのでネットで調べれることは転職前に調べておく

 

私は、25歳の時に転職を経験しました。

 

前職は、高校卒業後ライン工として働きました。

 

転職後の職業は期間雇用社員の郵便配達員です。

 

前職のライン工としての作業は、

 

私にとって退屈でした。

 

どんな作業かと言いますと。

 

毎日毎日機械から流れてきたものを、

 

取り出しては箱に詰め込むという作業でした

 

正直おんなじことの繰り返しなうえに、

 

自分は機械の一部?

 

何のためにこんなことをしてるんだろう?

 

と考えるようになり、

 

このままではだめだと、

 

考え転職を決意しました。

 

 

転職してから思ったのですが、

 

最近は、ネットでも会社の情報が流れてたりするので、

 

ネットである程度会社の評判を検索しておけばよかった

 

と思いました。

 

転職後の職場は転職前は郵便局と言う

 

誰でも知っている会社で、

 

見た目ではバイクで簡単そうに配達する感じ、

 

期間雇用社員の、のち正社員になれると考えていました。

 

でも実際は、今は郵便だけではなく

 

書留、宅配といろいろな仕事があり、

 

さらには人で不足で、自分の仕事をこなすだけでも

 

いっぱいいっぱいなうえに、

 

さらに、年賀状や、カタログギフトのノルマがあり、

 

大変。

 

元公務員の職場で将来正社員になれば安泰だと考えていたのにと落胆した部分がありました。

 

理想と現実は違います、なのでネットで調べれることくらいは

 

転職前に調べておくといいかと思います。

体験談:とある離職時の行動

 

転職したいと思った理由

◆転職理由
私は,大学4年生就職活動時,自身のやりたい事等見当たらず
色々な場所へ行けるし,仕事も楽そうだな。
なんとなくエントリーし、面接,合格,研修,入社。
安月給(残業代つかない)。
雑用が多い。
まとまった休みが取れない。
休日出勤が多い。
お付き合いする方によっては,都合が合わない。
その他etc。

 

◆1日のタイムスケジュール

 

08:00:出社
08:30:清掃(机・コーヒーポッド・ゴミ箱・等々)
09:00:朝礼(毎日誰かが,ウンチク豆知識を披露&1.2年目の社員の日は,何を言っても,決まって呼ばれる⇒叱られる⇒見せしめ⇒モチベーション下がる⇒やめたくなる)
09:30:仕事の無い新規の営業先(1件目)へセールス。
11:00:仕事の無い新規の営業先(2件目)へセールス。
12:00:仕事の無い新規の営業先(3件目)へセールス。
13:00:昼食(唯一安らぐ時間)
15:00:帰社
15:30:日報(誰に何をして,どの様な事があったのか(事実)・次回は,いつ行く・何をどうする(予定))
16:00:デスクワーク(仕事が無い=雑用)
17:00:説教。
21:00:雑用。
22:00:退社。
23:00:帰宅。

 

◆給与手取り
(約15万円)

 

◆特色
ターゲットを絞りやすい。
主に,個人・団体・一般法人・学校法人
※基本的には,お客様を奪い合う。
※団体人数が多ければ多いほどよい。

 

転職前にしておいた方が良いと思ったこと

 

◆調べること
基本給+残業代がつくのかつかないのか(賞与・福利厚生)
社風(年功序列なのか・結果が評価されるのか)
仕事内容(どのような業務内容なのか)
◆離職中の手当て
◆転職面接時
上記内容確認

 

転職する時に考えていた理想の職場
◆定時上がり
◆まとまった休みが取れる
◆給与が安定している(福利厚生・賞与含め)
◆多かれ少なかれ自身が学んだことを活かせる

 

 

 

お役立ちコラム:住宅ローン金利の種類と特徴について

 

住宅ローン金利の種類と特徴について

 

住宅ローン金利の種類と特徴について

 

変動金利で借りるか、固定金利で借りるかは住宅ローンを借りる上での大事なことですが、その他の要素もあります。

 

国内金利はとても低い状態になっていて、かつてない低金利での融資が受けられます。

 

金利が低い今こそ、新しく住宅ローン融資を受けて家を買うには、とてもいいタイミングなわけです。

 

住宅ローンを組む時に多くの人が意識するのが、固定金利にすべきか変動金利を選択すべきかと言う点でしょう。

 

借り入れ後に金利が変わった時、影響を受けるのが固定金利ではローン会社、変動金利では住宅ローンを利用した側です。

 

変動金利の住宅ローンの方が金利が低く抑えられているので、返済金額を少なくすることが出来ます。

 

返済に要するお金をできるだけ少なくしたいという時は、低金利で借りられるほうを選びたくなりますが、それ以外の要素も考慮に含めることが重要になります。

 

金利が今以上に上がった場合の対処方法についても、検討しておきましょう。

 

住宅ローンの返済プランを立てる時には、無理なく返済できる金額を最初は設定し、余剰が出た分は貯金に回すという考え方もあります。

 

借入れした後に金利が上昇して、返済額が高くなった時には、その貯蓄を使って繰り上げ返済できるように準備をしておく事です。

 

繰り上げ返済によって、元金の返済ペースをあげることができますので、結果的に利息の支払い額を減らせます。

 

変動金利で金利の低さを享受しつつ、この繰り上げ返済準備のできる住宅ローンを組む事が、リスクを考えた方法と言えます。

 

お役立ちコラム:生活のやりくり

 

クレジットカードの審査をクリアする基準とは

 

クレジットカードの審査をクリアする基準とは

 

クレジットカードは、今では持っている人のほうが多いくらいで、学生や、主婦でも自分のカードを所持しています。

 

クレジットカードを所有すること自体はありふれたことになりましたが、審査の内容で知っておくべきことはあるでしょうか。

 

審査のハードルの高さはクレジットカード会社によって異なりますが、収入が安定していることがまず大事です。

 

収入が安定していない、年収が少ない場合には、クレジットカードの審査に通らない可能性が高くなります。

 

新しくクレジットカードをつくる時には、カード会社の審査を受けて、一定の信用能力があることを相手に知ってもらう必要があります。

 

クレジットカード会社は、返済が滞りなくできる人物かを知るために、会社に勤めてからの年数や、年間の給与などを調べます。

 

将来的にも安定した同じ仕事をしているかを知るために、給与や待遇だけでなく、採用されて何年目の会社かも調べます。

 

金融会社に認めてもらうためにと、申込み用紙に事実と異なることを描く人もいますが、収入を多めに申告しても、結果的に損をするのは自分自身です。

 

クレジットカード会社は、審査の段階で申込み者の会社について確認し、年収なども安定しているかを確認しています。

 

あまりにもかけ離れた金額で申込みをしていると、虚偽の記入をしていると判断されて審査に落ちる可能性は十分にあります。

 

通信手段として、スマホや、携帯電話を所持する人が増加しています。

 

それにともなって、固定電話を解約する家庭も多くなりました。クレジットカードの審査で、信用能力が高いと判断される要因はいくつかありますが、その中の一つに、固定電話を利用しているかということがあります。

 

 

調剤薬局の薬剤師の為の転職サイト一覧

 

調剤薬局の薬剤師の為の転職サイト一覧

調剤薬局の薬剤師の為の転職サイト一覧です。44社掲載しています! 

 

 

調剤薬局の薬剤師の為の転職サイト一覧へ>>>


page top